雲南 その5

a woman smoking with a water pipe
Bronica RF645 w/RF45mm 4.0, Portra 160

他の場所でも多かれ少なかれそういう傾向が見られるけれども、世界一の煙草の産地である雲南でさえ、女性が喫煙することはあまり良いこととされていない。通訳の女性は「今の雲南では煙草を吸う女性はいい女性とは見なされない」というが、昔からそうだったようだ。となると、本来はロールモデルがいないので喫煙は広がらないはずなのだが、この女性の場合は若い頃に吸ってみたくて、自ら手に入れて見よう見まねで吸いはじめたという。この村ではこの方以外喫煙する女性はいなかったし、この女性が喫煙することについては、会う人会う人が必ずというほど知っていた。私が差し上げた紙巻き煙草は礼儀として火をつけたものの床に置かれ、彼女は手持ちの葉に線香で火をつけ、水パイプで吸った。