フィルムっぽい画

ようやくフィルムを諦める方向で機材やレンズをいろいろ試行錯誤していて、そのさい、フィルムっぽい画にするにはどうしたらいいのかというある種倒錯した考えがムクムクと湧いてくる。「ある種倒錯した」というのは、「フィルムっぽい画」そのものは、実はフィルムしかなかった時代にはなかった感触であり考えだから。実際に欲しいのは、ああいう色であったり、ああいうタッチであったりするわけで、だったら手持ちの機材でそれを実現するしかないかなあと思いながら、ようやくいろいろ試してみる。しかしそれはそれとして、フィルムで撮っていたフィールドの続きをデジタルで撮るのはやはり難しい。なんか合わないんだな。

SONY ILCE-7M2 w/Biogon 28mm 2.8 ZM
SONY ILCE-7M2 w/Biogon 28mm 2.8 ZM

オールドレンズ(6) CARL ZEISS Biogon 28mm 2.8 ZM

Carl Zeiss Biogon 28mm 2.8ZM Zeiss Ikonの定番の一つはBiogon 28mmにTMAX400(モノクロフィルム)のセットで、歩留まりが非常に良く、お気に入りだった。しかしすでにモノクロフィルムは気軽に使えるような値段ではなくなってしまった。そこでデジタルではどうかと考えて、ここのところ、あえてモノクロで撮っている。するとどうか。まず、カラーよりも周辺減光が目立つような気がする、が、そこはあまり気にしないことにする。センサーで撮るのだから仕方ない。ただ、ミラーレスの映像ファインダーであるEVF(Electrical View Finder)では、一眼レフの一般的ファインダーであるOVF(Optical View Finder)やZeiss Ikonなどのレンジファインダーとは異なり、撮影時にすでに視野がモノクロである。最初はどうかと思ったが、実はこれはちょっと楽しい。撮る前から写真なのだ。

SONY ILCE-7M2 w/Biogon 28mm 2.8 ZM
SONY ILCE-7M2 w/Biogon 28mm 2.8 ZM