オンライン授業のこと(2)録音機材のこと②

前回はフィールドレコーダーのオーディオ・インターフェースへの転用について書いたので、今回はその続きという感じで、他の録音機材について書いておく。といっても、音響に関する専門的なことなどは分からないので、調査機材をオンライン教材作成に転用するという観点から書いてみる。

というか、前回書き忘れたけど、オンライン教材で肝心なのは、現時点ではおそらく映像よりも音声だと思う。容量的にも目指すべきは、YouTube方向ではなくオールナイトニッポン方向なんじゃないかな。知らんけど。

社会調査の授業でインタビューを学生たちに課していて、自分でも研究の過程でインタビューを行うので、レコーダーというのは僕の教育研究にとって最も重要な機材。そもそも民生用レコーダーの普及は社会学を変えた一因であるのだけれども、それはともかくとして、大学院の頃は、調査の性質からして目立たない方が良いので、マイクロカセットレコーダーを使っていたものの、途中からMDに替えて、MDとICレコーダーの併用時期を経て、今はICレコーダーのみ。これは調査を行ってきた人の一般的な経路だと思う。ICレコーダーになったことで、結果的にオンライン教材が作りやすくなったのは助かる。

で、レコーダーをどう使うのか。前回のようにマイクを備えたPCを使って、パワーポイントのファイル上で音声を一発録りして保存するのではなく、ICレコーダーに吹き込んだものをPCにコピーして、それをパワーポイントのファイルの上に載せるということになる。なので、ICレコーダーはPCに直接USB接続が出来るものが便利だ。マイク録音に比べて面倒に思うかもしれないけれども、これだとマイクがないデスクトップPCを使っている場合にも、オンライン教材を作成できる。僕も近々MacBookProをMac miniにリプレースする予定なので、このやり方が一つの選択肢にはなる(Zoom F1を使うとは思うけど)。いずれにしても多くの人が調査や講義の録音などのためにICレコーダーは持っているだろうから、わざわざ新しい機材を買わなくていいというのが利点。

でも実はもっとお金がかからないのがあって、スマホを使う方法。iOSでもAndroidでも、ボイスレコーダー用のアプリがあるので、それで録音をする。それらにはたいてい編集機能もあるので、もし必要があればトリミングなどの編集をすればいい。その後、それらを無料のクラウドに上げるか、自分宛にメールに添付して送り、PCでダウンロードしてからパワーポイントの各スライドに挿入すれば良いわけだ。これだと追加投資はいらないので、院生の懐にも優しいと思う。

パワーポイントでは、前回の作業の②と同様、「挿入」→「オーディオ」で今回は「オーディオをファイルから挿入」して、そのファイルを選べば各スライドに音声が載るので、これを自動再生にしておいてMP4ムービーに書き出せばいい。

録音ファイルはAndroidだとmp3かwave、iOS だとおそらくMP4オーディオになるだろうけど(iPhoneではないのでよくは知らない)、とくに問題はない様子。ただ、waveは音質は良いけど大きいので、受講生の利便性を考えたらmp3にするのが適切だと思う。僕もパケット代のことを考えて、オンライン授業用のページに、パワポ動画とともに、同内容の「スライドのPDF+音声のmp3ファイル」を教材として置いている。

以下は余談。ICレコーダーにも、前回紹介したZoom F1のような多機能なものや、宅録で使えるようなミュージシャン方向のものから、PCに接続できない簡易なものまでいろいろある。今まで何台も買い換えてきた経験からすると、思いのほか重要なのはマイクかも、と思っている。数人で話すときと対面でインタビューをするときとはマイクを換える必要があるし、座って話を聞くときと、歩きながら聞くときとでは、やはり換える必要がある。映像を撮りながらであれば、ラベリアマイク(ピンマイク)を使うこともありうる。

おそらく、「大勢で座って」というのと「対面で歩きながら」という両極を想像して、2種類あるといいんじゃないかと思う。前者は、写真でいうと右から二番目のaudio-technicaのAT9745みたいな平面型のもので、今だったらAT9921あたりがいいかも。後者もいろいろあるけど、最近よく使っているSONYのPCM−A10だったら(一枚目の写真の手前)、そのままか、屋外では風よけのウィンドスクリーンをつけるだけでいい。ただ、以前はメインに使っていて、今はバックアップ用に併用しているICD-UX565では(一枚目の写真の奥)、場合によってはAT9911を使う。これにもウィンドスクリーンがあるから。歩きながら話を聞くと(調査中にはよくある)、風の音が入ってうるさいことも多いので、こういう小物は割りと大事かもしれない。