昆明にて(6)

Nikon D800E w/AF-S Nikkor 50mm 1.8G
Nikon D800E w/AF-S Nikkor 50mm 1.8G

司馬遼太郎の『街道をゆく』に「中国・蜀と雲南のみち」という一冊があり、昆明やイ族のことが書かれている(ちなみに蜀とは四川のこと)。参考になるとは思わなかったけれども、これも縁と思って行きしなに読んだところ、何故か関川夏央を読みたくなり、帰国後に買って読んだ。すると今度は夏目漱石を読みたくなって、青空文庫で『永日小品』を読んだ。『永日小品』最後の一篇「クレイグ先生」を読んでいたら、急に小島信夫の「返信」が読みたくなって本棚を探したのだが、どうも見つからない。今回のリレーはここで終わりだと思うのだけれども、きちんと終わらないと、どうにも落ち着かない。…と思い、翌日オフィスで探したら見つかった。無事終了。

昆明にて(5)

Nikon D800E w/AF-S Nikkor 50mm 1.8G
Nikon D800E w/AF-S Nikkor 50mm 1.8G

イ族のエリアの女性。彼女はこののち、他の民族衣装を着た女性たちと一緒に踊りを披露した。それはイ族の踊りというより、いろんな少数民族の踊りをアレンジして合体させたようなもの。そしてそれは「雲南映像」のような大がかりでもなく、洗練されたものでもなく、もっともっと素朴なものだった。ただしその素朴さは「民族村」表象の素朴さ、独特さを示しているとも思われた。

昆明にて(4)

Nikon D800E w/AF-S Nikkor 50mm 1.8G
Nikon D800E w/AF-S Nikkor 50mm 1.8G

水族(スイ族)のエリアで働く青年。水族の多くは隣の貴州省に住むが、一部が雲南省に居住している。比較的早くから漢族化している少数民族ともいわれているが、それとは(おそらく)関係なく、民族衣装の下からのぞくTシャツが、今の若者らしさを伝えている。

昆明にて(3)

Nikon D800E w/AF-S Nikkor 50mm 1.8G
Nikon D800E w/AF-S Nikkor 50mm 1.8G

今回の昆明では祈る場面に遭遇することが比較的多かった。というか、おそらくそれが普通なのだろう。祈りは膝をついて全身全霊で行うので、座布団がいる。見ていると、それはもう「祈り」というよりもっと直接的な「お願い」のようだ。それに比べると、僕らはあまりに祈らないようにも見える。祈るべきことは山積みだというのに。

昆明にて(2)

Nikon D800E w/AF-S Nikkor 50mm 1.8G
Nikon D800E w/AF-S Nikkor 50mm 1.8G

「民族村」における少数民族のさまざまな表象はどれも面白いが、なかでも印象に残ったものの一つはワ族のもの。ワ族はかつて首狩りの風習をもっていたらしいが、ここで飾られているのは水牛の骨。実際の村にも飾られているのを再現しているというが、骨に朱をあしらっているところなど、ある種の「むき出し感」があって面白い。とはいえ、個人的には、ワ族と言えばやはりケシやアヘンを連想する。そういえば、ワ族の女性は煙草をたしなむようだ(しかも細いパイプ)。前回の調査では、タイ族のある集落では女性が煙草を飲むことは望ましくないこととされていたし、女性自身もそう語っていた。どうやらその辺にもいろいろある様子。

昆明にて

Nikon D800E w/AF-S Nikkor 50mm 1.8G
Nikon D800E w/AF-S Nikkor 50mm 1.8G

仕事で中国雲南省を再訪。今回はいつもの新平イ族タイ族自治県には行かず、省都の昆明市で資料を探したり、市近郊である少数民族支系の活動を調べるなどしていた。少数民族の実際の村には行ったことがあるものの、「民族村」という少数民族の生活を再現したテーマパークには行ったことがなかったので、今回初めて行ってみた。情報化され商品化されるということの感触や意味を含めていろいろ考えさせられた。かなり面白かった。

機材

Zeiss Ikon w/ VoightLander COLOR SKOPAR 21mm F4, 400TMY-2
Zeiss Ikon w/VoightLander COLOR SKOPAR 21mm 4, 400TMY-2

写真も撮ることになっている3月の調査出張に、前回の写真群との連続性も考えてBronica RF645を持っていこうと、前回と同じフィルムも買っておいたのだが、今回からはデジタルにするべきかもしれないとまだ迷っている。RF645はセミ判の割りに小さいから便利なのだが、RFなので寄れない。寄るんだったらマクロもあるし、レンズも一段明るいPENTAX 645Nという手もあるが、RF645の方がレンズシャッターなので実はブレにくい。645Nだとバウンス用のストロボもいりそう。だったらもういっそのこと、ISOが上げられて28mmだったら30cmまで寄れるD800Eにした方がいいかもしれない。場合によってはクロップすればいいし。しかしそうすると肝心の色が…うーむ。困った。写真部OBにも言われたし、やはりデジタルかなあ。

ランニングと認識

Light through the window
RICOH GR1s w/GR Lense 28mm 2.8, 100TMX

昨夏は冷房を使った弛緩した生活を送っていたせいか、自律神経失調症からはじまってかなり体調を崩したので、晩夏にそれを反省し、体調を整えるために9月19日から(ほぼ)毎日ランニングを始めた。これまでの5ヶ月近く、インフルエンザや胃腸炎での休止(9日間)を除くと1週間程度しか休んでいない。我ながらよくやると思うが、体調不良で家族に迷惑をかけたことがやはり大きい。あんなのは二度とゴメンだ、というわけだ。おかげで最初は4、5kmを30分くらいでやっとこさ走っていたのが、最近では1km5分強のペースで8kmくらいは走れるようになった(まあしかし、いまだその程度ではあるけれども)。さすがに毎日8kmを走ると足に疲れが残っている気がするが、翌日になればなんとかなるものである。ちなみにこの「1km何分」という捉え方がランナーの速度認識の標準パターンである。自分が特定の認識パターンを使用すること(それを語り、利用すること)で、個々の行為とその連関が新たに組織化されていくという過程が生じることや、他のランナーの速さが実感として分かる過程が生じることが、実はけっこう面白い。

フラットニング

slow waves
Zeiss Ikon w/Carl Zeiss Biogon 28mm 2.8 ZM, 400TMY-2

以前は全紙のバライタを焼いても木製パネルに水張り(水に濡れた状態の印画紙をパネルに張って乾燥させることで平らにする工程)をしていたので、乾燥して丸まった印画紙のフラットニング(平らにする工程)に気を遣わなかったのだけれども、今回はバライタの四切を何枚かマットパネルで展示することにしたので、フラットニングに苦労している。カメラマンのHさんのアドヴァイスもあり、結局はズボンプレッサーを導入したのだが、まだ作業の途中。この間、生乾きでスケッチブックに挟んだら表面のゼラチンに紙の繊維が付着してしまったのでもう一度水洗したり、水洗後にガラスの上においてスポンジで余分な水分をぬぐって乾燥時の丸まりをおさえたりと、いろいろ試行錯誤した。今回あえてこういう面倒くさいことをしているのは、ここしばらく「展示性(exhibitionality)」に関する論文を読んだり、それについて考えていたので、展示に向かういくつかの工程を踏んでいる自分を観察するためでもある。

22時を過ぎたら

hole for sky
PENTAX 645N w/SMC PENTAX 645 FA 45mm 2.8, PORTA 160

電車で乗り合わせた同僚と研究室まで歩きながら話をしていたら、夜中まで(というか朝方まで)論文を書いたりできる歳ではなくなったよね、というところで一致した(笑)。実際、今回の身体トラブルは、昼間は子どもの宿題をみてやったりして、夜は彼を寝かしつけてから自分の仕事を再開するために、結局自分だけ朝方まで読んだり書いたりしていることに原因があったようだ。ということで、もうこれからは22時を過ぎたらスイッチは切ることに決めた。つまり授業期間中に研究できるのは、授業のない日だけということになりそうだ。いいんだか、悪いんだか。