新酒その2

RICOH GR1s w/GR Lense 28mm 2.8, 100TMX
RICOH GR1s w/GR Lense 28mm 2.8, 100TMX

新酒シーズンであるのに結構忙しくて蔵めぐりができない。とはいえ、いつもの地元の二軒には新酒を買いに行くことは忘れない。福寿を作る酒心館は先日蔵開きが行われていて、新酒もいいけど樽酒が美味しかった。生ばかりが良いわけではない、というか本来は寝かせてこそ日本酒ということなのだろう。とはいえ、もちろん新酒には新酒の魅力があって、同じく地元の泉酒造では先週から琥泉の純米無濾過生原酒が出ているので、早速買いに行く。開封したらその日に飲みきらなくてならない生なのだが、もちろん美味しくてその日に飲みきってしまった。来月には仙介の特別純米が出ると受付のお姉さんが言っていた。次回はそれだろう。

新酒

RICOH GR1s w/GR Lense 28mm 2.8, 100TMX
RICOH GR1s w/GR Lense 28mm 2.8, 100TMX

ノーベル賞の晩餐会に出されたという報道ですっかり手に入りにくくなってしまった地元・福寿の純米吟醸だが、先日ようやく販売が再開された。新酒の販売が見込めるこの時期になって貯蔵分から出しているのではないかという噂もあったが、どうやら新酒のよう。貯蔵分だったら熟成されているだろうし、むしろうれしかったのだが少々残念。とはいえ、馴染みの方から聞くと、味がのってくるのはもう少し先かもしれないということで、数本買って正月に開けようと考えていた。正月あたりに買うというのが本当はいいのだが、それまでに売り切れてしまうので、先に買っておかなくてはならないというのが、なんとも。まあ冷蔵庫で保存すればいいかと思っていたのだが、今夕ランニングから帰ってみたら、嫁さんがすでに開けて飲んでいた(笑)。しかしもらってみると、非常に美味しい。こうなったら早く開ける分と保存しておく分と、別々に買っておかないとならないかもしれない。が、そのためには冷蔵庫がちょっと狭い。まさかこっちを買い換えるわけにはいかないし。

ファインダーの快楽

RICOH GR1s w/GR Lense 28mm 2.8, 100TMX
RICOH GR1s w/GR Lense 28mm 2.8, 100TMX

久しぶりにZeiss Ikonを持ち出した。お供はPlanar 50mm 2.0ZMにTMAX 100。Zeiss Ikonは距離計すなわちレンジファインダーの再調整が済んで、非常に明るいファインダーの中で、二重像がピッタリ合う。ごく自然にスッと合うと撮っていて気持ちいい。撮ってる間にどんどん撮る気になる。いろいろカメラを使ってきたし使っているが、結局はファインダーの気持ちいい機材が自分にとっての愛機であり現役だ。こればかりはデジタルにはない快楽だろう。なので、次回はやはりNikon F3かな。。

ランニング・シューズ

RICOH GR1s w/GR Lense 28mm 2.8, 100TMX
RICOH GR1s w/GR Lense 28mm 2.8, 100TMX

今日の話は珍しく写真の話ではない。とはいえ、やはり仕事の話ではなく、ランニングの話。一年以上ほぼ休まずランニングを続けてきてこの6月から9月までは月200kmくらいは走っていた(ただし10月は感染症治療のために100kmを切った、悔しい(笑))。しかし9月頭くらいから急に左足の足裏が痛み始めたので、足底筋膜炎になったのだと思い、3日に2日走っていたのを2日に1日程度に減らしたのだが、なかなか治らない。普段履く靴も革靴からクッションの良いスニーカーに替えてみたが、それでも良くならなかった。ところが10月半ばからの11月頭までの腕の炎症でのドクター・ストップ明けに、なんとなくランニング・シューズを替えてみた。といっても、わざわざ買ったわけではなく、7月から交代で使用しているアシックスのゲルフェザーグライド(LSD用)とターサージール(スピード用)の二足のうち、たまたま頻繁に使っていたゲルフェザーを休ませてターサージールのみで数回走ってみた。すると、驚いたことに、ほぼ治った(と思われる)。というか、今では走行後もほとんど痛みがない。ゲルフェザーの方がターサーよりもクッションが良いし、足裏のアーチをサポートするようになっているのに、どうしてこういう結果になったのだろうか。もしかしたらシューズをアシックスに替えてから、底が薄いシューズでも膝に負担がかからないように踵での着地を止めるように走り方自体も変えたので、そのせいかもしれない。それにしても不思議だ。とはいえ、ターサージールの方が軽くて、走っていて楽しいので、これはこれで嬉しい結果ではある。

わかりにくい写真

RICOH GR1s w/GR Lense 28mm 2.8, 100TMX
RICOH GR1s w/GR Lense 28mm 2.8, 100TMX

写真展を見てくれた同僚が「普通の写真なので何が良いのか分からなかった」という感想をくれた。率直なその意見に驚いたが(笑)、なるほどとも思う。最近、コンポラ写真を題材にした論文を書いたのだが、そこに至る過程で数年間コンポラを見続けたせいがあるかもしれない。コンポラ写真とは1960年代後半に一世を風靡した日本写真の一群のことである。代表的な作家に下津孝之や新倉孝雄、牛腸茂雄などがあげられるだろう。件の論文はコンポラ写真をめぐるディスコースの分析であったのだが、それらを見ていくと、コンポラ写真については「わかりにくい写真」という語り方もあったということがわかる。とはいえ、展示した写真について、自分自身としてはわかりにくいとは思えないところが、また面白い。

写真だらけ

RICOH GR1s w/GR Lense 28mm 2.8, 100TMX
RICOH GR1s w/GR Lense 28mm 2.8, 100TMX

最近はあまりカメラを持ち歩かないのだが、かといって写真に飽きたというわけでは全然なく、むしろ歩きながら「これって写真だよな」という視界に出会うことは以前よりも楽しい。そういうとき、カメラを持ち歩いていれば撮る場合もあるのだが、カメラがないならないで、「あー、こういう感じかなー」などと意味不明につぶやきながら、それを眺めてしばらく楽しんだのち、また歩き始める(場合によっては、走り始める)。「こういう感じかなー」の「こういう」のは、たいていはかつて見た写真だったり、それから触発されたイメージだったりする。なんかだんだん「世界は写真だらけなんじゃないか」などと思い始めたりもしている。